スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインからカタディオプトリックを採用するのはありか

どうも、めるやまです。
10/13に行われるVISION札幌公認大会に向けて、デッキを色々と試行錯誤しています。
今までは何も考えずに悪魔の星デッキで出てたんですけど、そろそろ別のタイプのデッキを使いたいなと。

しかし、やはりデッキを構築する上で失われた希望というカードが邪魔してくるのです。
あいつがいなければ、思う存分に冥界を利用できるのに!

今回の大会は、ラストワードが登場してから札幌で初の大会です。
なので、正直なところラストワードも色々と対策したい。

そんなこんなで、あっちこっちと対策の為のカードを投入しているとデッキがぐちゃぐちゃに……。
もう、どうすればいいのさ!



そこで、今回はラストワード対策も兼ねて"メインからカタディオプトリックを採用する余地はあるのか"を考察したいと思います。
……考察する余地なんて無い?

とにかく、見た限りでラストワードにはプレイヤーへのバーン効果が多い印象でした。

その中でも危険と思われるのは、やはり待宵反射衛星斬とスカーレットデスティニーな気がします。
他のバーンカードは世界呪符なり幻想生物なりで、場に残って効果を発揮するタイプだった気がするので対策は容易と判断しました。
エンシェントデューパーに関しては、そこまで大きなダメージになることはないと思われるので無視。面倒だから無視した訳ではない、決して。

まず、待宵反射衛星斬。場の妖夢の戦闘修正分だけ、相手にダメージを与える。単純に考えるのであれば、カタディを貼っておけばいい気もします。
しかし、まず冥界に待宵反射衛星斬が落ちていないと大きなダメージはそう簡単には飛んでこないと思います。
バーン効果も強力ですが、冥界にある場合に妖夢に戦闘修正がかかることが何より恐ろしい。

その為に、失われた希望の対策と兼ねて因縁の魔障をピックアップ。
これを貼れば、冥界の有無を参照できなくなるので妖夢も戦闘修正を得ることがありません。
よって、飛んでくるバーンダメージも微々たるもので済む……はず。

さて、待宵反射衛星斬は上記による対策で何とかなりそうかなと思います。
しかし、スカーレットデスティニーは一筋縄ではいかず。
25-(自分のライフ)分だけバーンするカード。相手のライフが12だと、2回撃たれてゲームセット。
これは本当に危険。前回のラストワード考察の記事にも書いたワンショットもありますが、ラストワードという点でカウンターが難しいのが厄介。このカード自体の危険さに拍車をかけています。
このカードを防ぐ為だけにカタディを投入してもいいかも知れない、環境にもよりますが自分はそう思います。
なにより、今は山焼きがあっちこっちで暴れていますからね。ロングレンジエコーとかを未然に防ぐ意味でも、腐るようなことはまず無いかと。
(追記:ロングレンジエコーはカタディオプトリックに引っかからないようです。怖いですね)
あとは、ラストワードの性質を考えると術者のプレイをなんとしても防ぐとかでしょうか。
防ぐと言うのは簡単ですが、いざ相手が八雲藍とかをプレイしてカウンターカードを落とされたらとか考えるとキリがありません。
そういう意味では、やはりカタディ万能説は嘘じゃないと感じます。
ちょっと前では、個人的サイドボード一押しカードとして閉ざされた瞳が光っていました。
併せて採用すれば、少なくともワンショットされる確率は低くなるかなぁ……。



こんな感じで、とにかく対策カードを考えているお陰で僕の大会用デッキは未だに完成していません。
う~ん、本当にどんなデッキで参加しようかな。迷う、迷うよ!
スポンサーサイト

マナチャージ持ちキャラクター考察

どうも、めるやまです。
今回は様々なデッキで高い採用率を誇るマナチャージ持ちキャラクター。
最近の流行から、過去のキャラクターまで目についたカードをのんびり考察したいと思います。

No.015 サニーミルク(Node2/Cost1)
1弾収録、マナチャージといえばこの子。
ノード2帯で、耐久力3を持つマナチャージと今でも活躍の場はありそうな子。
自動効果は期待できないので、バニラとして扱っても差し支えない。
種族:妖精という点から呪精の種として利用できるのも利点か?

No.030 霧雨魔理沙(Node5/Cost2)
1弾収録、速攻を所持しているのでプレイ解決からすぐにマナチャージを行うことができる。
戦闘力も4/2というスペックで先制を持っているので、現環境でもブロッカーとしてはそれなりに働いてくれる。
14弾レミリアと相打ちを取れると書けば、とても強く見える不思議!
また、術者としても優秀なので今でも採用価値はありそう。

No.311 アリス・マーガトロイド(Node3/Cost1)
5弾収録、最もノードが軽いアリス・マーガトロイド。
ブクレシュティの人形師などで、自身のスペルと共にサーチできる点なども大きい。
アリスのスペルを少しでも早くプレイしたい時などには採用したい。
また、人形を犠牲にしての除去耐性も持っているので意外と場持ちがよかったりする。

No.486 鍵山雛(Node3/Cost1)
7弾収録、デメリット持ちのマナチャージャー。
今後に登場する雛もそうだが、人形を持っているので別のマナチャージャーとプレイ枠を争わないのが便利。
マナチャージする度に1点ダメージを受けるが、専ら高天原の起動用として悪用される。

No.675 サニーミルク(Node3/Cost1)
9弾収録、場持ちのいいマナチャージャー。
1弾と比べて必要ノードは上がったものの、除去耐性を持っているので非常に便利。
1コスト払って裏向きにすれば、大体のキャラクターの攻撃を止めることができる。

No.789 アリス(Node2/Cost1)
10弾収録、ノードの枚数によって様々な効果を得る。
ノードが5枚以上あると、戦闘修正+2/+2を得ることができる。
ノードが潤沢になると手持ち無沙汰になることの多いマナチャージャーだが、このアリスは打点3を確保できる点で積極的に攻撃に参加することができる。

No.907 レイラ・プリズムリバー(Node2/Cost1)
11弾収録、プリズムリバーの名称を持つカードへの対策として機能する。
マナチャージXとなっており、Xは全ての場のプリズムリバーの枚数に等しい。
1枚だけだと、ただのマナチャージ1を持つキャラクター。
しかし、2枚並べば一気にマナチャージ2を持つキャラクターx2という、凄まじいノード加速を行える盤面となる。
デメリットとして、決死状態になった場合に場のプリズムリバーを全て除外するという効果を持っているのだが、逆にこれを利用して相手のプリズムリバーのリアニメイトを防いでしまおうという対策として使われることが多い。

No.919 鍵山雛(Node4/Cost1)
11弾収録、耐久力の高いマナチャージ持ち。
3/5というスペックだけでも強力なブロッカーとなるのだが、起動効果が非常に便利。
スリープ状態にすることで、戦闘修正を+から-に変更してしまうという凶悪な効果。
自動効果でライフポイントを回復することができなくなり、耐久デッキへの対策としても機能したりと多芸なキャラクター。

No.1023 る~こと(Node1/Cost0)
12弾収録、ノード1帯のマナチャージャー。
他のマナチャージャーにはない圧倒的な低コストっぷりには、誰しもが魅了されたはずである。
しかし、デメリットである自動効果が採用を躊躇わせる。
それを差し引いても強力なキャラクターであることには違いないが、何かしらの対策をしておきたいところではある。

No.1038 サニーミルク(Node3/Cost2)
12弾収録、コストは重いがマナチャージ2を持つ。
耐久力も4あり、そう簡単に焼かれることはないはずである。
早い段階で一気にノードを2枚ずつ増やしていけるのは非常に強力。

No.1131 霧雨魔理沙(Node2/Cost1)
13弾収録、封術を持っているので術者としては利用できない。
ノードが2枚以下の場合に、自分の場のキャラクター全ては先制を得ることができる。
その効果も相まってか、どちらかというと速攻デッキのノード確保などに使われることが多いと思われる。

No.1251 鍵山雛(Node2/Cost1)
14弾収録、人形を持つマナチャージャーとしてはる~ことに次ぐ軽さ。
種族:神ということもあって、神の加護のドローソースとしても気軽に利用できる。
起動効果も2枚並べば、耐久力2以下のキャラクターを自由に決死状態にできるので強力。

No.1253 エレン(Node3/Cost1)
14弾収録、耐久力4を持つ魔法使いのマナチャージャー。
同じ耐久力のマナチャージャーとして12弾のサニーミルクがいるが、こちらはコストが1低いので除去された時の痛手が少ない。
また、スペルカードを通し易くすることのできる起動効果や、プレイするスペルカードの必要ノードを軽減したりと便利な効果も兼ね揃えている。



それなりに採用されるマナチャージャーとしては、この辺りでしょうか。
新弾が登場する度に昔のカードはパワーが足りないと嘆かれることも多いですが、こうしてみるとどのカードも一長一短ですね。
自分のデッキに合ったマアチャージャーを見つけてあげてくださいね!

ラストワード雑感

どうも、めるやまです。
ラストワード登場しましたね。

今回はラストワードのカードの中で、自分が気になったものを数枚考察してみたいと思います。
ちなみに、テキストは面倒なんで載せないです。
軽く探したけど、すぐに見つからなかったのでやめました。

・夢想天生
霊夢さんのラスワですね。
プレイすると、博麗霊夢の戦闘力が3倍・貫通持ちになります。
更に、他のカードの効果の対象にもならなくなる。
1ターン限定とはいえ、強力なフィニッシュカードだと思います。
9弾の霊夢がこれの恩恵を受けると、18/21・貫通という出鱈目な戦闘力になりますね。
対処法としては、干渉でコマンド除去を霊夢にプレイとか。スペルの対象にならないようにするとか。
さり気なくアイコンがぐるぐるなので、衣玖さんでサーチできたり。

・深弾幕結界-夢幻泡なんちゃら-
紫さんのラスワ。
冥界にある「弾幕結界」の枚数だけ、場のカードを除外できるカード。
現在「弾幕結界」を持つカードは、このカード。
霊夢の「博麗弾幕結界」、紫の「弾幕結界」の計3種類。
どちらも連結というのが、また色々と面倒なところ。
ちなみに、この深弾幕結界(ラスワ)自体はプレイの後に除外されてしまう。
紫のスペルで固めれば、ある程度は除外枚数を確保できるものの複数枚除外は意外と難しそう。
Xの最低値が1とされているので、割り切って単体除去とするのもありかも。
目標を取らず、対抗策が限られている除去スペルとして見れば十二分に優秀ですので。

・グランギニョル座の怪人
マガトロさんのラスワ。マナチャージ(1)を持った幻想生物です。
こいつが場にいる場合、お互いの場のアリス・マーガトロイド以外のキャラを全て人形にしてしまう。
このカードが出ただけで、相手のキャラクターは全て攻撃できなくなる。
う~ん、とてもコントロールデッキやロックデッキにマッチする素敵な効果ですね~。
それどころか、常時スリープで自分の場のキャラクターを1枚破棄することで、相手に4点ダメージを飛ばせるというバーン効果持ち。
相手のキャラクターを、ヤマメのキャプチャーウェブで持ってきて弾にしたりなど色々とコンボに使えそうです。
ただ、やはり気になるのはグレイズ0という点。ジェラシーで簡単に除去されてしまいます。
戦闘力は5/5と悪くないのですが、除去耐性を持っていないという点は他のカードでカバーする必要がありそうです。
新弾で登場したサーチカード「ブクレシュティの人形師」など、最近のアリスは妙にMIWの加護を受けてますね。
人形デッキが上位に平然と食い込むような環境になるのでしょうか、今後の大会レポートなどに注目ですね。

・スカーレット運命
レミリアちゃん。
自分のライフが少なければ少ないほど、相手にダメージを与えるって感じのカード。
25-(現在ライフ)=ダメージの図式。単純明快ですね。
こいつのお陰で、12弾美鈴⇒飛花落葉⇒弐符レミリア⇒ハートブレイク⇒ラスワ⇒殴りのワンショットが実現。
後述する妖夢ちゃんのスペルもそうですが、キャラクター除去とかではなく単純にプレイヤーへのダメージとなると対抗策が色々と限られてくるのが難しいです。
なんだ、オレンジとか森羅結界を投入しろってことか。
そんな冗談はさておき、ラストワードの採用率云々によってはメインカタディが検討されそうですね。

・待宵反射衛☆斬
妖夢ちゃんのラスワです。冥界にあるだけで、妖夢ちゃんがパンプアップして加護(3)を持ちます。
重複するので、3枚全部落ちていれば+6/+6の加護(3)加護(3)加護(3)と加護ちゃんも驚きの加護に包まれます。
もちろんプレイした時の効果も中々に強力で、自分の場の妖夢ちゃんが得ている戦闘修正の合計値分のダメージを飛ばすという豪快なものとなっています。
妖夢ちゃんは何かしらの装備ありきで場にいることが多いので、普通にプレイしても3点程度のダメージからスタートできそうです。
中盤以降は割とぶっ飛んだダメージをナチュラルに飛ばしてきそうなので、個人的に要注意カードと考えてます。
対策としては、11弾の鍵山雛で戦闘修正をマイナスにしてやるとかでしょうか。

・日出ずるなんとかの天子
慧音先生のラスワ。七星剣を持った神子ちゃんをデッキから呼び出す。
なんかね、他のキャラクターのラスワに比べて凄い弱く見えちゃうの。
慧音「助けてください、死んでしまいます!」⇒神子「よっしゃ!」⇒除去の流れが凄い想像できちゃうんですよね。これ、ほんと。
七星剣を持った神子ちゃんや慧音先生が弱い訳じゃないんですけど、なんていうか……。
とりあえず強いのを組み合わせたら微妙になっちゃったみたいな。
ワイトキングとにじくじゃくを配合してヤタガラスができちゃったみたいな。
実際に弱い訳ではないんですよ、でも自分で使うとなると……う~ん。

・エンシェントデューパー
てゐちゃんのラスワ。久しぶりですね~。
効果は全てのキャラクターを決死状態にして、自分の場で決死状態になったキャラクターのコスト分ダメージをお互い受けて、決死状態になったキャラクターがケロッとした顔で戻ってくる。そんなカード。
これ、決死状態にする必要あるのか?普通に場のキャラクターのコスト分のダメージでいいじゃん。……って思ってたんですけど、色々と悪さできそうと名高い兎のスペルですしね。
まず、決死状態になった場合の効果を誘発するのに使えますね。他には、神の加護で自分だけダメージを逃れたり。
最近流行中の失われた希望が冥界にあれば、単純に全体除去としても使えます。
やっぱり兎の使うスペルはどれもこれも悪さしてくださいって感じのテキストなんだよなぁ……。でも、それが面白いところだと思います。兎。



こんなとこでしょうか、軽く気になったところは。
別に目が悪いから小さいテキスト読めないよ!って訳じゃないよ?

でも、細かくて長いテキストは面倒なんで歓迎できるものではないですね。自分、複雑な効果のカード苦手なんで。

それでは、今日はこの辺で。バイバイ。

9/16 VISION公認大会used:デッキレシピ「悪魔の星」

どうも、めるやまです。
社畜してて、全然書く気が起きませんでした。

今回は9/16に行われた公認大会で使ったデッキの紹介。

キャラクターカード(24枚)
符ノ壱八雲紫x2
博麗霊夢(9弾)x2
レイラ・プリズムリバー(11弾)x2
幽谷響子(11弾)x3
秋穣子(11弾)x3
二ッ岩マミゾウ(11弾)x2
多々良小傘(12弾)x2
鍵山雛(14弾)x3
八坂神奈子(14弾)x2
レミリア・スカーレット(14弾)x3

スペルカード(3枚)
山彦「ロングレンジエコー」x3

コマンドカード(23枚)
マナの生成x3
強引な取引x3
紅葉狩りx2
是非局直庁の威令x3
疑惑の五芒星x3
神の加護x2
妖回針x2
悪魔の星x3
神仙術x2

基本的には雛やレイラ、穣子などでノード基盤を固めてからの大型キャラクターによるビートですね。
コマンドカード「悪魔の星」を採用しているので、大型キャラを少し多めに投入しています。

この「悪魔の星」をプレイすることができた場合、どのような変化があるかです。
テキストは以下。

Node4/Cost3
【装備/場】
(自動α)[全てのプレイヤー]のプレイする本来の必要ノードが6以上のキャラクターカードの必要ノードとコストは-3される。

自分の使用したデッキでは、キャラクターのプレイ条件に以下の変化が起こります。

1.符ノ壱八雲紫「Node7/Cost4⇒Node4/Cost1」
2.博麗霊夢(9弾)「Node7/Cost3⇒Node4/Cost0」
3.二ッ岩マミゾウ(11弾)「Node8/Cost4⇒Node5/Cost1」
4.八坂神奈子(14弾)「Node6/Cost3⇒Node3/Cost0」
5.レミリア・スカーレット(14弾)「Node8/Cost6⇒Node5/Cost3」

以降にプレイするキャラクターのノード・コストが上記のように軽減されると考えれば、
初期の「悪魔の星」によるプレイコスト3が安く見えると思います。

ただし、この「悪魔の星」のテキストは"相手プレイヤー"にも適用されてしまいます。
自分の中で一番に恐れていた状況としては……。

自分ターン:レミリア・スカーレットをプレイして、相手の場を一掃。
相手ターン:
自分ターン:レミリア・スカーレットで13点アタック。
相手ターン:グレイズ5を利用して、レミリア・スカーレットor西行寺幽々子をプレイ。
自分ターン:お通夜。

この流れ。
とにかく、グレイズの返しで大型をプレイされて一転攻勢に出られてしまうのが難点でした。
幽々子は単体ならば何とかなりますが、レミリアが出されると完全にカウンター状態。

この流れを防ぐ為のカードとして、何枚か対策が施してあります。

1.博麗霊夢(9弾)
2.神の加護
3.神仙術

1と2は言わずもがな、キャラクターや効果ダメージ・除去などに効果的なカードですね。
特に1はレミリア以外にも、西行寺幽々子(5弾)やチルノ(11弾)などにも有効です。
さて、問題は3の「神仙術」です。テキストをどうぞ。

Node1/Cost1 代替:人間x1
目標の[プレイされた必要ノードが2か5のカード1枚]のプレイを無効とし、破棄する。

つまり、「悪魔の星」によって軽減された必要ノード5のレミリアを止めることができます。
本来の必要ノードと記述されていないのがポイントでしょうか。
正直なところ、このカードは3枚積んでもよかったかなと思える場面もちらほら。
この「神仙術」で無効にしたいカードとしては以下。

1.序盤のノード2帯マナチャージ所持キャラクター
2.ノードロック御用達「鳳凰卵」
3.全キャラ撃沈待ったなし「村沙水蜜(12弾)」

ですが、「悪魔の星」のお陰でノード8帯のキャラクターも無効にできる対象になります。
終盤で腐らないようにといった、ちょっとしたお洒落ポイントでした。



さて、大型キャラクターでライフを削り切れるような構成にはしていますが……。
最新弾(14弾)に収録されていた強力な冥界メタカード「失われた希望」を意識して、冥界利用を完全にシャットアウトしています。
場合によっては、キャラクターが冥界に落ち続けたりなどでライフを削り切れない。
もしくは、相手の場に触れず耐久を許してしまった状況など。
そういった状態になった場合の別の勝ち筋として、ライブラリーアウトに関するカードをちょろっと投入しています。

1.幽谷響子(11弾)
2.山彦「ロングレンジエコー」

これだけ。これだけでも、そこそこ焼けちゃうのが所謂"響子エンジン"の恐ろしいところ。
このデッキでは、手札補充という名目でついでに焼いておくかといった立ち位置です。
山を焼くポイントとしては、相手の山札が13枚以下になった時です。
レミリアをプレイして、自分の場の響子に13点を振り分けるだけでOK。
13点を自由に振り分けることができるということで、13枚以下なら自由に焼く枚数を調節できるのもいい感じ。

あと特筆する点としては、多々良小傘(12弾)辺りでしょうか。
大型キャラが多いので、除去に干渉して自分の場の大型キャラを守る為にプレイがメインですが、いくつかテクニカルな使い方も。

1.御柱を全て撃ち終わった神奈子を回収して、再度ノーコストでプレイ⇒御柱を補充
2.キャラクター効果に干渉して、霊夢を回収して再度手札から自動効果で出しキャラクター効果を無効

大型キャラでは、マミゾウ以外がプレイされた場合・手札で機能する自動効果持ちです。
「悪魔の星」のお陰で、大型でも気軽にプレイすることができるのが強みですね。大型リサイクル、夢いっぱいです。

他にも意識したカードとかもあるのですが、長くなったのでこの辺で。

優勝PRになっても、あまり話題にならなかった「悪魔の星」をピックアップしたいが為に書いたデッキ紹介でした。
皆も☆を使ってあげてね!
プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。