スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレイさせないことの強さ

こんばんは、めるやまです。

今回は、大会用のサイドデッキを組んでいる最中で考えたことについてです。

無効にする、場にあるカードを処理するではなくプレイさせないこと。



最近、色々な人と話をしたりして書きたくなりました。
いくつか挙げていきます。

No.192 秋符「秋の空と乙女の心」(N1/C1)
【世界呪符】 維持コスト(1)
(自動γ)あなたのターン終了時に、〔あなたの冥界の上のカード1枚〕を裏向きにして〔このカード〕にセットしても良い。
(自動γ)〔全てのプレイヤー〕は、必要ノードがXであるカードをプレイ出来ない。Xはこのカードにセットされているカードの枚数に等しい。

No.467 封印(N5/C1)
【装備/場】
(自動α)〔全てのプレイヤー〕は、〔自分の冥界にあるカードと同名のカード〕をプレイ出来ない。
(自分ターン)1:〔あなたの冥界にあるカード1枚〕をゲームから除外する。この効果は全てのプレイヤーが、それぞれ自分のターンに1度だけ使用できる。

No.473 サラ(N1/C0)
(自動α)〔相手プレイヤー〕は必要ノードが4のコマンドカードをプレイ出来ない。
(1/1 G1)

No.933 四季映姫・ヤマザナドゥ(N6/C2)
伝説 耐性:人、幽霊、死神 抵抗(5)
(自動α)〔全てのプレイヤー〕は、このキャラクターにセットされているカードと同名のカードをプレイできない。
(自動β)〔このキャラクター〕がプレイされて場に出た場合、目標の〔相手プレイヤーの冥界のカード1枚〕をこのキャラクターにセットする。
(自動γ)相手プレイヤーのカードのプレイが無効になった場合、そのカードを〔このキャラクター〕にセットしても良い。
(5/6 G2)



とりあえず、有用なものをいくつか。
まず、秋符「秋の空と乙女の心」から。

このカードの強みは、なんといってもノード数が合致すればキャラクターやスペル・コマンドなど。
種類を問わずに無効化できる点かと思います。

ノード0なら、マナの生成や十王の激怒。罪人の金鉱床、挙句の果てにラストワードまで。
全てプレイできなくなります。無効じゃない点が、やっぱり強いと思います。
1ターン目で、マナの生成⇒ミスティア⇒BNBされたくない人は必見ですよ!

そして、更にポイントなのが術者「秋穣子」というところ。
低速コントロールには引っ張りダコな穣子さんです。

ラストワード以外にも、ノード1で緑眼のジェラシー。ノード3で作戦阻止や霞網。
他のノード帯にも、プレイを制限して有用なカードが多くあります。
そこを考慮すると、後半にも腐り難いのではないかと私は思います。

ただし、これは全てのプレイヤーが対象。
自分のプレイしたいカードを制限しないように注意が必要ですね。



次は「封印」。これを使ったコントロールが、最近どこかの大会で入賞していた気がします。
冥界に落ちているカードは、プレイすることができないという強力なロックカードです。
それを回避する為の起動効果なのですが、これ「除外する」なんですよね。
失われた希望が落ちていると除外できなくなって、ロックがより強固なものとなります。
それを利用して、自分のデッキをハイランダーのように組むことでこちらはプレイ制限を逃れます。

強いかと言われれば、引くカードによりけりなんですが。
相手をロックする面だけで見れば、これほど強力なロックはないと思います。

ただ、デッキの構築が他のカードと違って大分制限されてしまうのが難点ですね。



さて、そして魔界人デッキの隠れた実力者「サラ」です。
場にいるだけで、ノード4帯のコマンドカード全てプレイ不可となってしまいます。
しかも、この効果。相手プレイヤーのみです。
自分は普段通りに使えちゃいます。ズルいですね。

ノード4帯コマンドといえば、代表的なドローカード「強引な取引」。
カウンターといえば真っ先に名前が挙がりそうな「是非曲直庁の威令」など。
デッキの動きをサポートする優秀なカードが勢揃いしています。

キャラクターなので、容易に除去されてロックが解かれてしまうのが難点でしょうか。
それでも、とりあえず出して何か除去カードを使わせることができるのなら避雷針としては上出来。
…なのかな?



最後は、「四季映姫・ヤマザナドゥ」です。
プレイを無効、プレイさせないの代名詞ともいえる御方ですね。

プレイされて場に出た際に、相手の冥界から1枚カードを引っ張ってきてロック。
以降、プレイを無効にした相手のカードをどんどんくっ付けていくことでロック範囲を広げます。
これもキャラクターなので、除去が飛んできやすいのが難点でしょうか。

でも、このカードの強みは好きなカードを選んでロックできること。
相手のデッキ内容を把握できる2戦目以降に、より強力なメタカードとして活きますね。
抵抗も5あるので、カウンターされ難い点も嫌らしいです。
これに加護がついていれば、もっと評価されたのかなと思ったり。



こんなところでしょうか。
他にも、予め冥界に送ったり除外する「根絶」や「フォービドゥンフルーツ」などもプレイさせないカードの一種かと思います。

やっぱり個人的にプッシュしたいのは「秋の空と乙女の心」ですかね。
これと閻魔様を合わせた低速コントロールとか組んでみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。