スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エラッタによって、大会用デッキを再構築する羽目になった

何ということでしょう、めるやまです。
12/2施行のエラッタによって、僕の新たなデッキは終焉を迎えました。

これによって、大会用のデッキを新たに組み直さなければいけません!
どうする、どうするよ俺!

それに15弾の発表もありましたし、VISIONのモチベーションが半強制的に上がりまくりです。

それでは、軽くエラッタの内容を確認してみましょう。



No.1292 鴉符「暗夜のデイメア」

改訂前 抵抗(3) 目標の〔キャラクター1枚〕にXダメージを与える。この効果でキャラクターを決死状態にした場合、〔そのキャラクターのプレイヤー〕は手札1枚を無作為に選んで破棄する。Xは10から相手プレイヤーの手札の枚数を引いた値に等しい。但し、Xの最低値は3とする。

改訂後  目標の〔キャラクター1枚〕にXダメージを与える。この効果でキャラクターを決死状態にした場合、〔そのキャラクターのプレイヤー〕は手札1枚を無作為に選んで破棄する。Xは10から相手プレイヤーの手札の枚数を引いた値に等しい。但し、Xの最低値は1とする。


まずは、抵抗がなくなりました。あちこちで言われてましたもんね。
これによって、是非曲直庁の威令で容易にカウンターできるようになったのが大きいですね。

そして、Xの最低値が1になりました。これは、あまり意味を成していない気もしますが……。
まぁ、MIWさんからの気遣いとして受け取っておきましょう。



No.1342 「ブラインドナイトバード」

改訂前 【ラストワード】 【幻想生物】 速攻 隠密
(自動α)〔あなたの場の「ナイトバード」全て〕は「戦闘修正:+1/+1」と「先制」を得る。この効果は重複しない。
(自動γ)〔このキャラクター〕は効果ダメージを受けた場合、ゲームから除外される。その後、相手プレイヤーにXダメージを与える。Xはこのキャラクターの攻撃力に等しい。このターン終了時に、この効果で除外された「ブラインドナイトバード」を本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で戻す。

改訂後 【ラストワード】 【幻想生物】 速攻 隠密
(自動α)〔あなたの場の「ナイトバード」全て〕は「戦闘修正:+1/+1」と「先制」を得る。この効果は重複しない。
(自動γ)〔このキャラクター〕は効果ダメージを受けた場合、ゲームから除外される。その後、〔相手プレイヤー〕に3ダメージを与える。このターン終了時に、この効果で除外された「ブラインドナイトバード」を本来のプレイヤーの場にアクティブ状態で戻す。


みんな大好き、BNB!
まず、効果ダメージを受けて除外された後のバーンダメージが3に固定されました。
今までパンプアップ効果を受けていたので、これは大きな弱体化と言えますね。
そして、この効果が発動する際にカタディオプトリックに引っかかるようになりました。

でも、これ。テキスト的にどうなんでしょうね。
ゲームから除外される。その後、相手プレイヤーにダメージなのでカタディで破棄されるのか。
効果を無効にするということは、アクティブ状態で戻ってこなくなるのか。
まだ、いくつか気になる点はありますがバーンが固定されただけでも大きい修正ですね。



No.1329 失われた希望

改訂前  ターン終了時まで、〔全てのプレイヤー〕はカードの効果でドローすることが出来ない。

(自動β)このカードが冥界にある場合、冥界にある「失われた希望」以外のカード全ては他の何れの領域にも移動させる事が出来ない。
(自動β)このカードがゲームから除外されている場合、「失われた希望」以外のゲームから除外されているカード全ては他の何れの領域にも移動させる事が出来ない。
改訂後  ターン終了時まで、〔全てのプレイヤー〕はカードの効果でドローすることが出来ない。

(自動β)このカードが冥界にある場合、冥界にある「失われた希望」以外のカード全ては他の何れの領域にも移動させる事が出来ない。
(自動β)相手プレイヤーはメンテナンスフェイズに2支払っても良い。 支払った場合、〔冥界にあるこのカード〕をゲームから除外する。


除外されている場合に、除外カードが領域移動できなくなる効果が消失。
その代わりに、メンテナンスフェイズに2コスト払うことで相手の希望を除外することが可能になりました。

これで、ようやく冥界利用を心置きなく使用することができました。
とはいっても、干渉でノードから落とされたりして冥界利用できなくなった的なことは可能なんですよね。
それでも、恒常的に冥界利用が妨げられることがなくなったのは大きいです。
最後の希望や無縁塚の投入を強要される心配がなくなったので、冥界利用するデッキには朗報でしょう。



こんなところでしょうか。
他にもテキスト修正で、朝倉理香子(9th)やロングレンジエコーなどがカタディオプトリックに引っかかるようになりました。
まぁ、ここで詳しく記述する必要もないと思いますし。
気になった人は公式サイトで確認してね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。