スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌公認(15/08/16)で使用したデッキレシピ

めるやまです~。
今回は2015年8月16日に行われたVISION札幌公認大会で使ったデッキのレシピです。
新弾直後ということもあり、気に入ったカードを頑張って使ってみようという試みで参加してみました。

使用デッキは以下。

Character 6
紅美鈴(14th)x3
八坂神奈子(18th)x3

Spell 13
譫妄「イントゥデリリウム」x3
闇符「ディマーケイション」x3
天竜「雨の源泉」x3
贖罪「昔時の針と痛がる怨霊」x2
蛙休「オールウェイズ冬眠できます」x2

Command 31
竹林の火事x1
風祝の奇跡x3
守矢神社x3
是非曲直庁の威令x2
疑惑の五芒星x3
法界の火x2
衛星カフェテラスx1
緑眼のジェラシーx2
陰謀論x2
神仙術x3
迷いの竹林x2
風水術x2
ひとり杞憂x3
暗闇の風穴x2

SideBoard 10
萃符「戸隠山投げ」x2
秘術「天文密葬法」x3
瞋怒x2
無縁塚x3



相手のキャラクターを除去しながら、ライフ回復とともに相手のドローアウトを待つ耐久デッキです。
基本的にこちらから山を焼くソースは無いに等しいので、ひたすら耐えるスタイルになります。

紅美鈴(14th)…着地と同時にライフゲインを行い、警戒で壁になってくれる。小粒なビートへの牽制も兼ねて採用。
八坂神奈子(18th)…場のキャラクター全てに2ダメージを与える小型速攻の盤面一掃。呪符、世界呪符の破棄も狙える。
譫妄「イントゥデリリウム」…0コストでプレイできる優秀な除去。紅美鈴の起動効果と併せて、範囲を広く見ることができる。
闇符「ディマーケイション」…目標や対象にならないキャラクターへの回答。相手が大量展開すると、若干腐る感じがあった。
天竜「雨の源泉」…今回の要その1。ライフゲインと共に、状況に合わせての冥界回収が強力。
贖罪「昔時の針と痛がる怨霊」…相手の冥界利用を多少なり牽制し、ライフゲインへと繋げることができる。相手依存ではあるが、強力なライフゲインになることもあるので採用。
蛙休「オールウェイズ冬眠できます」…今回の要その2。このデッキは基本的に相手のグレイズを頼りに動く場面が多いので、必然的にこちらの山が少ない状態で終盤を迎えることが多い。その為、終盤でそろそろ危ないかなと感じたら蓄えたノードを使ってライフゲインとドロースキップを利用し詰めに利用する。
竹林の火事…雨の源泉で回収し、少しでもデッキ枚数の差を近づける為のカード。余程のことが無い限りは、プレイすることはない。
風祝の奇跡…雨の源泉の素材。冥界の紅美鈴(14th)を回収し、プレイしたりとキャラクター回収効果を主に利用。
守矢神社…雨の源泉の素材。基本的にはノード行きだが、場合によっては藤原妹紅(17th)のリアニメイトを遅らせたりする為にプレイすることもある。
是非曲直庁の威令…汎用パーミッション。今回は序盤のプレイ抑制を念頭に組んだ為、苦渋の2枚挿し。
疑惑の五芒星…序盤のシステムキャラクターの除去。1コストのマナチャージ持ちを狙って、積極的に1:1交換へ持っていきたい。
法界の火…突然の速攻持ちや、決死に耐性があるキャラクターへの回答。雨の源泉で回収すれば、攻撃抑制への見せカードにもなる。
衛星カフェテラス…こちらも突然の速攻持ちによる事故を防ぐことのできる1枚。普通にプレイしても十分に強いが、今回は枠を割けず泣く泣く1枚挿し。
緑眼のジェラシー…ライフゲインを行う上での天敵、鍵山雛(11th)への回答。朝倉理香子(10th)の除去や、速攻持ちキャラクターの奇襲攻撃にも対応。
陰謀論…終盤にオールウェイズ冬眠できますを通す為に握る。厄介なテキストを持つキャラクターを止める為の緊急手段としても。
神仙術…~術系統のカードに対抗でき、ゾンビごっこやリリーホワイト(15th)からのリリーブラック(17th)。暗夜のデイメアなどの無作為ハンデスから、大事なカードを守る為の身代わりとして。小型速攻への牽制も兼ねる。
迷いの竹林…耐久デッキである以上、グレイズを貰えずライブラリーアウトを狙われると辛いのでメイン採用。
風水術…是非曲直庁の威令や強引な取引を止めることができる。リリーホワイト(17th)・リリーブラック(17th)の手出しにも。
ひとり杞憂…朝倉理香子(10th)や鍵山雛(11th)への回答その2。性質上、刺さる相手は非常に多い。
暗夜の風穴…ルナチャイルド(12th)や、藤原妹紅(17th)の再利用を防ぐ為の除去。冥界回収によるハンド数確保も強力。

ざっと採用理由はこんな感じ。
結果はというと、勝率はよろしくありませんでした。
キャラクターの打点が思ったよりも高く、山焼き相手にも中々竹林が破棄されず苦戦を強いられたりと一歩及ばずな場面が多かったです。
もう少しちゃんと考えれば、環境次第では通用するデッキになるのか。どうにも微妙なラインなので、強力なデッキタイプかと言われると答えに困るところです。
自分のデッキ構築力ではここまでが限界でしたので、もし興味がある方は創意工夫し使ってみては。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。