スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/16 VISION公認大会used:デッキレシピ「悪魔の星」

どうも、めるやまです。
社畜してて、全然書く気が起きませんでした。

今回は9/16に行われた公認大会で使ったデッキの紹介。

キャラクターカード(24枚)
符ノ壱八雲紫x2
博麗霊夢(9弾)x2
レイラ・プリズムリバー(11弾)x2
幽谷響子(11弾)x3
秋穣子(11弾)x3
二ッ岩マミゾウ(11弾)x2
多々良小傘(12弾)x2
鍵山雛(14弾)x3
八坂神奈子(14弾)x2
レミリア・スカーレット(14弾)x3

スペルカード(3枚)
山彦「ロングレンジエコー」x3

コマンドカード(23枚)
マナの生成x3
強引な取引x3
紅葉狩りx2
是非局直庁の威令x3
疑惑の五芒星x3
神の加護x2
妖回針x2
悪魔の星x3
神仙術x2

基本的には雛やレイラ、穣子などでノード基盤を固めてからの大型キャラクターによるビートですね。
コマンドカード「悪魔の星」を採用しているので、大型キャラを少し多めに投入しています。

この「悪魔の星」をプレイすることができた場合、どのような変化があるかです。
テキストは以下。

Node4/Cost3
【装備/場】
(自動α)[全てのプレイヤー]のプレイする本来の必要ノードが6以上のキャラクターカードの必要ノードとコストは-3される。

自分の使用したデッキでは、キャラクターのプレイ条件に以下の変化が起こります。

1.符ノ壱八雲紫「Node7/Cost4⇒Node4/Cost1」
2.博麗霊夢(9弾)「Node7/Cost3⇒Node4/Cost0」
3.二ッ岩マミゾウ(11弾)「Node8/Cost4⇒Node5/Cost1」
4.八坂神奈子(14弾)「Node6/Cost3⇒Node3/Cost0」
5.レミリア・スカーレット(14弾)「Node8/Cost6⇒Node5/Cost3」

以降にプレイするキャラクターのノード・コストが上記のように軽減されると考えれば、
初期の「悪魔の星」によるプレイコスト3が安く見えると思います。

ただし、この「悪魔の星」のテキストは"相手プレイヤー"にも適用されてしまいます。
自分の中で一番に恐れていた状況としては……。

自分ターン:レミリア・スカーレットをプレイして、相手の場を一掃。
相手ターン:
自分ターン:レミリア・スカーレットで13点アタック。
相手ターン:グレイズ5を利用して、レミリア・スカーレットor西行寺幽々子をプレイ。
自分ターン:お通夜。

この流れ。
とにかく、グレイズの返しで大型をプレイされて一転攻勢に出られてしまうのが難点でした。
幽々子は単体ならば何とかなりますが、レミリアが出されると完全にカウンター状態。

この流れを防ぐ為のカードとして、何枚か対策が施してあります。

1.博麗霊夢(9弾)
2.神の加護
3.神仙術

1と2は言わずもがな、キャラクターや効果ダメージ・除去などに効果的なカードですね。
特に1はレミリア以外にも、西行寺幽々子(5弾)やチルノ(11弾)などにも有効です。
さて、問題は3の「神仙術」です。テキストをどうぞ。

Node1/Cost1 代替:人間x1
目標の[プレイされた必要ノードが2か5のカード1枚]のプレイを無効とし、破棄する。

つまり、「悪魔の星」によって軽減された必要ノード5のレミリアを止めることができます。
本来の必要ノードと記述されていないのがポイントでしょうか。
正直なところ、このカードは3枚積んでもよかったかなと思える場面もちらほら。
この「神仙術」で無効にしたいカードとしては以下。

1.序盤のノード2帯マナチャージ所持キャラクター
2.ノードロック御用達「鳳凰卵」
3.全キャラ撃沈待ったなし「村沙水蜜(12弾)」

ですが、「悪魔の星」のお陰でノード8帯のキャラクターも無効にできる対象になります。
終盤で腐らないようにといった、ちょっとしたお洒落ポイントでした。



さて、大型キャラクターでライフを削り切れるような構成にはしていますが……。
最新弾(14弾)に収録されていた強力な冥界メタカード「失われた希望」を意識して、冥界利用を完全にシャットアウトしています。
場合によっては、キャラクターが冥界に落ち続けたりなどでライフを削り切れない。
もしくは、相手の場に触れず耐久を許してしまった状況など。
そういった状態になった場合の別の勝ち筋として、ライブラリーアウトに関するカードをちょろっと投入しています。

1.幽谷響子(11弾)
2.山彦「ロングレンジエコー」

これだけ。これだけでも、そこそこ焼けちゃうのが所謂"響子エンジン"の恐ろしいところ。
このデッキでは、手札補充という名目でついでに焼いておくかといった立ち位置です。
山を焼くポイントとしては、相手の山札が13枚以下になった時です。
レミリアをプレイして、自分の場の響子に13点を振り分けるだけでOK。
13点を自由に振り分けることができるということで、13枚以下なら自由に焼く枚数を調節できるのもいい感じ。

あと特筆する点としては、多々良小傘(12弾)辺りでしょうか。
大型キャラが多いので、除去に干渉して自分の場の大型キャラを守る為にプレイがメインですが、いくつかテクニカルな使い方も。

1.御柱を全て撃ち終わった神奈子を回収して、再度ノーコストでプレイ⇒御柱を補充
2.キャラクター効果に干渉して、霊夢を回収して再度手札から自動効果で出しキャラクター効果を無効

大型キャラでは、マミゾウ以外がプレイされた場合・手札で機能する自動効果持ちです。
「悪魔の星」のお陰で、大型でも気軽にプレイすることができるのが強みですね。大型リサイクル、夢いっぱいです。

他にも意識したカードとかもあるのですが、長くなったのでこの辺で。

優勝PRになっても、あまり話題にならなかった「悪魔の星」をピックアップしたいが為に書いたデッキ紹介でした。
皆も☆を使ってあげてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。