スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインからカタディオプトリックを採用するのはありか

どうも、めるやまです。
10/13に行われるVISION札幌公認大会に向けて、デッキを色々と試行錯誤しています。
今までは何も考えずに悪魔の星デッキで出てたんですけど、そろそろ別のタイプのデッキを使いたいなと。

しかし、やはりデッキを構築する上で失われた希望というカードが邪魔してくるのです。
あいつがいなければ、思う存分に冥界を利用できるのに!

今回の大会は、ラストワードが登場してから札幌で初の大会です。
なので、正直なところラストワードも色々と対策したい。

そんなこんなで、あっちこっちと対策の為のカードを投入しているとデッキがぐちゃぐちゃに……。
もう、どうすればいいのさ!



そこで、今回はラストワード対策も兼ねて"メインからカタディオプトリックを採用する余地はあるのか"を考察したいと思います。
……考察する余地なんて無い?

とにかく、見た限りでラストワードにはプレイヤーへのバーン効果が多い印象でした。

その中でも危険と思われるのは、やはり待宵反射衛星斬とスカーレットデスティニーな気がします。
他のバーンカードは世界呪符なり幻想生物なりで、場に残って効果を発揮するタイプだった気がするので対策は容易と判断しました。
エンシェントデューパーに関しては、そこまで大きなダメージになることはないと思われるので無視。面倒だから無視した訳ではない、決して。

まず、待宵反射衛星斬。場の妖夢の戦闘修正分だけ、相手にダメージを与える。単純に考えるのであれば、カタディを貼っておけばいい気もします。
しかし、まず冥界に待宵反射衛星斬が落ちていないと大きなダメージはそう簡単には飛んでこないと思います。
バーン効果も強力ですが、冥界にある場合に妖夢に戦闘修正がかかることが何より恐ろしい。

その為に、失われた希望の対策と兼ねて因縁の魔障をピックアップ。
これを貼れば、冥界の有無を参照できなくなるので妖夢も戦闘修正を得ることがありません。
よって、飛んでくるバーンダメージも微々たるもので済む……はず。

さて、待宵反射衛星斬は上記による対策で何とかなりそうかなと思います。
しかし、スカーレットデスティニーは一筋縄ではいかず。
25-(自分のライフ)分だけバーンするカード。相手のライフが12だと、2回撃たれてゲームセット。
これは本当に危険。前回のラストワード考察の記事にも書いたワンショットもありますが、ラストワードという点でカウンターが難しいのが厄介。このカード自体の危険さに拍車をかけています。
このカードを防ぐ為だけにカタディを投入してもいいかも知れない、環境にもよりますが自分はそう思います。
なにより、今は山焼きがあっちこっちで暴れていますからね。ロングレンジエコーとかを未然に防ぐ意味でも、腐るようなことはまず無いかと。
(追記:ロングレンジエコーはカタディオプトリックに引っかからないようです。怖いですね)
あとは、ラストワードの性質を考えると術者のプレイをなんとしても防ぐとかでしょうか。
防ぐと言うのは簡単ですが、いざ相手が八雲藍とかをプレイしてカウンターカードを落とされたらとか考えるとキリがありません。
そういう意味では、やはりカタディ万能説は嘘じゃないと感じます。
ちょっと前では、個人的サイドボード一押しカードとして閉ざされた瞳が光っていました。
併せて採用すれば、少なくともワンショットされる確率は低くなるかなぁ……。



こんな感じで、とにかく対策カードを考えているお陰で僕の大会用デッキは未だに完成していません。
う~ん、本当にどんなデッキで参加しようかな。迷う、迷うよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ボクも毎日デッキと格闘中
カタディもまあまあ良いんだけど神前で紙くずになっちゃうから悩ましいなー

ちなみにロングレンジエコーは相手を対象に取らずに山焼くわけわからんカードだからカタディ刺さらないよ
プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。