スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この前の札幌公認れぽ

お久しぶりです。優勝したからレポ書くぞー。

使用デッキ:地獄

キャラクター---18枚
玉兎(5th)x3
霊烏路空(9th)x3
キクリ(12th)x3
龍神x2
西行寺幽々子(14th)x2
金伽羅(15th)x2
キスメ(16th)x3
スペル---5枚
焔星「十凶星」x3
秘術「天文密葬法」x2
コマンド---27枚
作戦阻止x3
疑惑の五芒星x3
妖回針x2
地獄x3
幻想郷の記憶x3
地獄のお迎えx3
魔鏡x3
物理術x2
紫色を超える光x3
働かない式神x2
サイドボード---10枚
朱鷺色の妖怪(3rd)x2
禁弾「カタディオプトリック」x2
贄符「御射山御狩神事」x1
罪人の金鉱床x2
インドラの雷x1
ひとり杞憂x2

以前の全国大会で一位に入賞した方の地獄デッキを弄ったものです。
メインから密葬法を投入したり、除去をコマンドにシフトしたりと若干受動的な方向になってます。

一回戦:宇月(紅魔デッキ/ノードロックレミリアタッチ?)
序盤にノードロックされていた様な記憶があります。あとはレミリアやフランドールが冥界に見えていた感じ。
コストを使わずに地獄から沸く金伽羅やキクリが非常に助かりました。2-0で勝利。

二回戦:SpeedStar(入鹿の雷ワンショット)
瞬間冷凍ビームなどで呪符をばら撒き、入鹿の雷でバーンするデッキ。
こちらもキクリが大活躍。魔鏡を握ることでの安心感が半端なかったです。
サイドのカタディオプトリックも駄目押しの活躍をしてくれました。2-0で勝利。

三回戦:YUYU(ノードロック小型速攻)
一戦目はグレイズ0の里香やくるみに殴られて、ライフを削りきられてしまっています。
二戦目以降はインドラの雷や、ノードを奪われないようなプレイングを意識して長期戦に持ち込みました。
キクリが立てば、ビートも止まるので場を安定させるまでが勝負でしたね。2-1で勝利。

四回戦:ふじかぜ(ノンコマンド)
こちらも頻繁に冷凍ビームが飛んできた試合でした。
うろ覚えの金閣寺や冷凍ビームなど、キクリの起動効果や魔鏡の使用タイミングを非常に考えさせられた試合でした。
動画にもなってますが、一戦目のプレミは許してね。2-1で勝利。

以上です。
場を固めてしまえば、非常に安定した戦いができますね。
今回はあまり幽々子が活躍した場面が少なかった印象です。
小型速攻にそこまで当たらなかったからかな?

2/22 LW主催札幌公認レポ

久々の更新。ちまちま大会は出ていたんですが、2位・3位とあんまりレポ書く気になれない中途半端な入賞が続いてたんです。
今回は優勝できたので、少しだけモチベ上がったからレポだけ記述しようと思います。

使用デッキ:妖精+難題+置物幽々子

キャラクター----17枚
蓬莱山輝夜(10th)x3
ルナチャイルド(12th)x3
西行寺幽々子(14th)x3
リリーホワイト(15th)x2
サニーミルク(17th)x3
リリーブラック(17th)x2
リリーホワイト(17th)x1
スペル----7枚
難題「火鼠の皮衣-焦れぬ心-」x1
難題「龍の頸の玉-五色の弾丸-」x1
難題「仏の御石の鉢-砕けぬ意思-」x1
難題「燕の子安貝-永命線-」x1
難題「蓬莱の弾の枝-虹色の弾幕-」x1
新難題「月のイルメナイト」x1
神宝「蓬莱の玉の枝-夢色の郷-」x1
コマンド----26枚
マナの生成x3
強引な取引x3
是非曲直庁の威令x3
疑惑の五芒星x3
五つの難題x3
死霊の復活x3
ゾンビごっこx3
壺中の虫x2
春の小径x3
サイドボード----10枚
朝倉理香子(10th)x3
無縁塚x3
迷いの竹林x1
インドラの雷x1
紫色を超える光x2

新弾で強化された妖精の展開力に、難題+輝夜を添えて盤面の制圧に幽々子を置く。
カードパワーの高いものをごちゃ混ぜにしたデッキになりました。
当初は輝夜のスペルが6枚、是非曲直庁の威令が2枚になっており、
その代わりに作戦阻止が2枚投入されていたのですが、輝夜のスペルが手札に来てしまうことにより
難題をプレイすることができなくなってしまうのをカバーする為に7枚に戻しました。

サイドボードはノンコマンドへの牽制も兼ねての定番、朝倉理香子10弾。
冥界利用を主軸にするデッキや、最近暴れている妹紅17弾を早めに除外できるように無縁塚。
その妹紅から派生する山焼きへの対応策として迷いの竹林、難題や妖精を手札から破棄する為のインドラの雷。
ミラーの妖精や難題、ノンコマンドの弾幕パラノイアから夢幻伝説サーチなどを止める紫色を超える光。
以上のカードを採用しました。



1戦目----tomo99

1.
初手から既に輝夜のスペルが3枚あるんですが、それは大丈夫なんですかねぇ・・・。
不穏な空気から始まった大会、相手はアリス大好きのtomo99さんです。
ドローでルナチャイルドを引いたので、ゾンビごっこの為にインドラで手札から破棄。
ゾンビごっこでリアニメイトしたところで、こちらのメンテナンスフェイズにインドラが刺さる。
再度ゾンビごっこでルナチャイルドを復活しようとすると、悪夢の終わりでルナチャイルドが除外される。
うげぇ、なんてこった・・・。難題も貼るに貼れず、輝夜をプレイして手札から装備セットする始末。
相手のグランギニョル座の怪人や11弾雛が立ちはだかり、ライフを削り切れずに負け。
グランギニョルを早めに処理できないまま、ライフバーンされてしまう。
2.
あちらは中々、動きを見せず。出てきた小粒のアリスもインドラで処理。
ルナチャイルドをプレイから、リリーブラック⇒春の小径と繋いでハンドを減らす。
そのまま難題をプレイして、輝夜で場を制圧しながらライフを削り切って勝ち。
3.
初手に輝夜のスペルが2枚、まだ許容範囲。次ドロー⇒火鼠。次ドロー⇒イルメナイト。次ドロー⇒子安貝、おこだよ。
早々に相手がブクレシュティの人形師で壱符アリスをサーチして、盤面に着地。
マミゾウがアリスに名称変更してグランギニョルが出てきたりと盤面が固まりそうな中、
リリーホワイトで冥界のルナチャイルドをアクティブイン、そのまま攻撃でリリーブラック⇒春の小径へと繋ぐ。
リリーブラックではマミゾウやグランギニョルと相討ちになってしまうので、幽々子をリアニメイトしてライフを削り勝ち。

何とか勝てたけど、正直この辺りで難題に対する不信感一杯になってました。
除去が少ないと、盤面をしっかり固めていくコントロールに弱い感じがして幽々子頼りになってしまいますね。
難題をプレイできないと、実質キャラクターを除去できないというのは今後の課題だなと思いました。

2戦目----091

1.
こちらがリリーホワイトをゾンビごっこでリアニメイトしながら、自分のハンド補強したり相手のハンドを破棄したり。
そんな中、飛んでくるエンパシー。干渉で黄泉の舟から、九十九弁々こんにちわ。12弾の燐空が着地。
冥界から弁々、神子。幽々子と除去が少ないこのデッキには対処し切れないのでサレンダー。
2.
サイドボードからメタカードをバシバシ投入。
相手の黄泉の舟で落ちたキャラクターへ執拗に無縁塚。リリーブラックでのハンデスでキーカードを破棄。
そのまま輝夜でビートして勝利。
3.
エンパシーに紫色を超える光が決まって、相手のハンドはぐっちゃぐちゃ。
こちらの場には大量に展開した妖精が並び、リリー達によるビートでライフを削り切る。

ここでの戦いでは、いかに相手のやりたいことをさせないようにカードをプレイするかでした。
正直なところ、サイドチェンジなしでは勝てる相手ではなかったと思います。
無縁塚と紫色を超える光を常に手札に抱えていないと、いつ盤面を引っくり返されるかわからない相手でした。

3戦目----イルスでち(しそ)

1.
ゾンビごっこからルナチャイルドをリアニメイトして、早々にリリーブラックでハンドを破棄。
冥界に13弾藍がちらり。ここで、相手のデッキに17弾妹紅がいることを警戒してコマンドの除外枚数に気を配る。
初手での藍破棄が効いたのか、相手は妹紅でこちらのライフを削りに来る。
対して、幽々子を並べて相手の妹紅を牽制しつつリリーブラックなどでライフを少しずつ削る。
相手のデッキ枚数が残り7枚の状態で、相手の盤面に藍が現れず。相手側がサレンダー。
2.
サイドボードから投入した無縁塚で、相手の冥界の妹紅を確実に除外していく。
そこで貼られたのがインペリシャブルシューティング。除外コンから山焼きにサイドシフトするデッキだった様子。
与えたダメージ分のデッキが破棄されるというのは中々厄介なもので、妖精は殴りをストップ。
輝夜に戦闘修正が高い玉の枝を装備して、山が焼けない打点でライフを削り切って勝利。

流石に何度も優勝を掻っ攫っているシンさんなので、一手一手をしっかり考えながらのプレイになりました。
とにかく藍の着地が非常に怖かったので、グレイズを与えないor藍を流すという意味でグレイズ5の幽々子で殴ったりもしてました。
2戦目はライブラリーアウト狙いだったようですが、衛星カフェテラスをプレイされなかったのも勝利の要因だと思います。
丁度よくグレイズなどに流れたか、デッキに埋まっていたか。いずれにせよ、非常に運よく勝てた感じがしました。

結果、3-0で優勝を頂きました。やったぜ。
このデッキ、非常に作り上げるまでに色々と悩みました。
幽々子を抜いて、妖精と難題にした方がいいんじゃないかとか。余計なカードを入れない方が・・・といった感じに。
twitterでお世話になっている別の地域のvisionプレイヤーさんに、
大会当日の夜中(0:30くらい)にスカイプで相談したりと色々と迷惑をかけて完成した代物となっています。
カカオさん、そーげんさん。この場を借りて、ご相談に乗ってくださりありがとうございました。(結局3:30くらいまで喋ってた)

この後もフリープレイという名のマッチ戦をやったのですが、なんと全勝。7-0。つよい(確信)。
改めて妖精のアドバンテージ確保や、難題からのドローソースの強さを認識しました。
幽々子もいるだけで強い、頼れるカード。それだけ、敵に回すと厄介極まりないということですね。
次の大会は3/8に開催されるようですが、僕は出られそうにないです。
また機会があれば、いい感じのデッキを組んで参加したいですね。

第25回LW主催VISION札幌公認レポート

めるやまです。今回は第25回LW主催VISION札幌公認大会のレポートになります。

使ったデッキは以下。

キャラクターカード:28
レイセン(10th)x3
朝倉理香子(10th)x3
鍵山雛(11th)x3
小野塚小町(11th)x3
八坂神奈子(11th)x2
る~こと(12th)x3
西行寺幽々子(14th)x3
九十九弁々x3
多々良小傘(16th)x3
上白沢慧音(白沢)(16th)x2
スペルカード:0
コマンドカード:22
瞋怒x2
無縁塚x3
是非曲直庁の威令x3
疑惑の五芒星x3
死霊の復活x3
神前試合x2
風水術x2
物理術x2
悪夢の終わりx2
サイドボード:10
勇み足x3
閉ざされた瞳x3
雲外蒼天x3
インドラの雷x1

似たようなデッキをどこかで見たような気がするぞ・・・?
はい。シンさんが大阪公式で使用したデッキがベースになっています。
個人的にレイセン(10th)がお気に入りカードなので投入しようとした結果、
色々とサブギミックがめるやま仕様になった成れの果てがこちら。

レイセン(10th)は紫色を超える光でも良いかなと思いましたが、
こちらの方が公開(魔界やテイルフィンスラップ等)に圧力をかけることができるので採用。
ノンコマンドデッキや、最近のスペルによる除去やギミックが強力になっている為、
朝倉理香子(10th)もメイン投入しています。
地獄もメタカードが増えた為、数は減少傾向なんですが、
一時の環境を作ったデッキタイプである以上、最低限の睨みをきかせる必要があると判断。
よって、上白沢慧音(白沢)(16th)。場のカードに触ることもできる、悪夢の終わりを採用しました。
小野塚小町(11th)は幽々子ミラーでの処理。ビートに対する回答でもあります。
後述していますが、実は今大会ではあまり活躍しませんでした。

残りのカードの採用理由はシンさんのブログでも見ておいてください。大体同じです。


1戦目:YUYUさん(妖怪ビート)
1----
る~ことプレイからの理香子プレイで滑り出しは好調。
理香子が大分圧力をかけている為か、相手はリグルをプレイしてから動きは見られず。
そのまま幽々子を死霊の復活でリアニメイトして、理香子と幽々子で殴って勝利。
2----
こちらはキャラを出せず。相手がリグルをプレイし、夢蝶が2枚生成。
その内の1枚に百鬼夜行絵巻がセットされ、グレイズ0の5点パンチャーに。
成す術なく、夢蝶で殴り続けられ敗北。毎ターン6点グレイズ0は恐ろしい。
3----
こちらはる~ことから理香子と順調に展開。
わざわざサイドから閉ざされた瞳も投入したにも関わらず、
リグルのプレイを許してしまい夢蝶を生成されてしまう。
マミゾウなどが後続で出てくるが、カウンターをうまく利用して対処。
幽々子をリアニメイトして、ライフを削り切り勝利。

2戦目:すかーれっとしゅーとさん(地獄デッキ)
1----
る~ことから理香子プレイと序盤は順調。神前試合も構え、準備は万端。
数ターン後に冥界へ地獄が落ちたのを確認して、手札の上白沢慧音(白沢)をプレイしたところでサレンダー。
2----
レイセンから理香子プレイと繋ぐ。相手はマナ基盤のカードを引けないのか、序盤は動かず。
神前試合を貼った次のターンに、理香子が五芒星で除去され。返しで雛をプレイしたところで、相手から十凶星プレイ。
ここで神前試合を寝かせると、こちらの被害が甚大なのでスルー。冥界肥やしを許してしまう。
案の定、次ターンでメンテナンスフェイズで優先権保有からの維持コスト破棄で冥界を肥やされるが地獄は落ちず。
こちらが幽々子をリアニメイトする干渉で相手は悪夢の終わりをプレイ。それに干渉で再度、復活。幽々子が着地。
それに乗じて、地獄落ち。幽々子が除去された後に、慧音をプレイ。
慧音で地獄のキャラクターを除外しようとすると、地獄のお迎えを干渉で2発撃たれ雷鼓と金伽羅が登場。
ここは完全に受動的な除外に回るところだったなと、勝負を急ぎ過ぎた感。
後半で何とか幽々子をリアニメイトして雷鼓と睨み合いになるも、2体目の幽々子を手出ししてライフを削り切って勝利。

3戦目:シンさん(ノンコマンド)
1----
こちらがレイセン、理香子とプレイしたところで相手が14弾理香子をプレイ。こちらの理香子が除去される。
相手は理香子がいると困ると判断して、チャージャーとして残らせない為に相手の理香子に五芒星。2体目の理香子プレイ。
相手は手出しで五芒星をプレイし、こちらの理香子が再度除去される。
しばらくノードセットが続き、相手のルーミアにちまちま殴られるが小町で除去。
こちらが3枚目の理香子をプレイ。相手はマミゾウをプレイし、コスト支払いで化け学校プレイ。
最後の理香子が裏向きにされ、そのまま成す術なく登場するキャラクターにライフを削られ敗北。
2----
再度、レイセンから理香子とプレイ。相手のる~ことを除去できず、ノード差はほとんどなし。
早い段階で幽々子を着地させ、理香子も除去されず。相手の手札が事故っていた関係か、
そのまま理香子と幽々子でライフを削り切って勝利。
3----
る~ことから理香子プレイと序盤は好調。こちらはノードと手札を溜めこむ。
幽々子を死霊の復活でリアニしたところ、理香子共々ワイルドカーペットで奪われてしまう。
再度、冥界の幽々子をリアニしたところで相手は化け学校をプレイして幽々子が消える。
次は手札に確保しておいた幽々子をプレイ。すると、続いてワイルドカーペットが飛んでくる。
山札も少なく、ライフが削り切れるか怪しいところまできて3枚目の死霊の復活で幽々子をリアニ。
次のターンで再び狸の化け学校が飛んでくるが、何とかここで威令を抱えて奪取を防ぐ。
幽々子でライフを削り切って勝利。残り山札1枚、札幌のボス恐ろしや恐ろしや。

結果:優勝しました!やったね!

レポートにうろ覚えなところあるけど、大体こんな感じでした。
遠征に来てくださったすかーれっとしゅーとさん、本当にありがとうございました。楽しかったです。

デッキの改善点が、また少しずつ見えてきたので調整していきたいと思います。

久しぶりにVISIONについて

お久しぶりです~。
およそ半年ぐらい間を空けての更新となる訳ですが、VISIONの環境も色々と変動していますね。

今回は、各地で猛威を奮っていると噂のノードロック対策についての見解を個人的にまとめました。



最近のノードロックでよく使われるであろうカード。

鳳凰卵⇒アクティブノード1枚を破壊。
大寒波⇒使用ターンの間、手札からノードをセットさせない。
フラワーウィザラウェイ⇒自分のノード2枚までを手札に戻し、同数のノードを相手も手札に戻させる。
くるみ(13th)⇒戦闘ダメージを与えると、相手のスリープノードを1枚くるみにセットする。(スリープノードを奪う)
無何有浄化⇒手札から破棄されると、アクティブノード1枚を破壊。
飛び重ね鱗⇒相手に3x冥界の同名カード分のコストを支払わせる。
レティ・ホワイトロック(16th)⇒相手がプレイしたカードの効果でノードがセットされた場合、手札から現れノードを2枚破壊。

恐らく、最近のノードロックで使用されるカードはこの辺りだと思います。
円環時間やフォーリンブラストなど、他にもノード破壊カードはありますが今回は上記のカードのみ。

まず、今の環境で警戒すべきノードロックのカードは無何有浄化とくるみ、レティの3枚だと思います。
鳳凰卵に関しては、干渉で目標のノードを寝かせることで回避可能なのですが、
無何有浄化に関してはメンテナンスフェイズでインドラの雷を手札に加えることで、
干渉の隙を与えることなくアクティブノードを破壊してきます。
他にも、緑眼のジェラシーや裏取引などの手札をコストとするカードをプレイするついでに破壊してきたりと、
常に警戒しておかなければノードを立たせておくことなど到底できません。
また、それを警戒してノードを寝かせているとくるみが速効でプレイされスリープノードを奪っていく。
相手より先にカウンターを撃てる状態に持っていく為に、マナの生成などのノード加速を使うと
手札からレティが現れるという、まさにあらゆる方面からノードを破壊できるよう考慮されています。

ツイッターとかでも、ノードロック対策カードがいくつか挙げられていました。

オヲトシハーベスター⇒相手のキャラ枚数分のノードを加える。(レティ呼)
勇み足⇒攻撃してきたキャラの攻撃力分のノードを加える。(レティ呼)
贖罪の檻⇒全てのキャラクターのグレイズ値を3にする。

くるみに関しては、耐久力が1しかないのでインドラの雷を予め握っておく。
相手キャラクターに効果ダメージを与えたり、奇襲速効のブロッカーを用意することで防げそうですね。

個人的には、障壁というカードがノードロック対策として優秀かなと思いました。
効果なんですが2種類ありまして、
・目標のノード1枚をターン終了時まで対象にならなくする。
・次の戦闘ダメージを1回だけ無効にする。
…というもの。しかも、必要ノード・コストが0/0という優秀っぷり。

なので、僕は今回の記事でこの"障壁"を一押ししながら周囲の反応を伺う訳です。
タイムパラドックスや紫色を超える光など、他のデッキタイプもついでにメタれそうなカードも優秀そうですね。

ただ、ノードロックばかりに感けすぎて、レミリアや龍神などに轢き殺されないように!これ大事!

例大祭メモ

例大祭に買う物予定。
VISIONのアルカナ・玄夢妖譚乱・幻想麻雀4N・他、目についたもの

オーバードライブ出ましたね。今回のカードは割と環境に影響与えそうなイメージあるけど、どうなんだろう
楽しみにしておきます
プロフィール

めるやま

Author:めるやま
僕の名前はめるやま。札幌に住んでます。
東方TCG"PhantomMaginVISION"関連メイン。
ちゅいったー⇒@meruyama

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。